不用品・粗大ごみ回収、不用品買取、特殊清掃等を対応!

洗濯機の処分・回収方法

はじめに

現代ではコインランドリーもあって、割と便利な世の中ではありますが、やはり自宅に洗濯機があるのがベターかと思います。洗濯機にも寿命があり、大体7年前後です。ほとんど毎日使う人や数日に1回のペースの人、様々だとは思いますが、長期的に使用すれば、いずれ不具合もでてきます。機能も年々向上しており、より快適に過ごそうと、買い替えることも、当然あると思います。さて、そうなった場合に洗濯機はどう処分すれば良いのでしょうか。洗濯機も、家電リサイクル法の対象品目となります。いくつか処理の方法をご紹介していきます。

方法

  • 自治体に連絡をして回収してもらう
    家電リサイクル法の対象品目である限り、粗大ごみで簡単には出せません。
    市町村に問い合わせをして、詳細を聞くと回収の方法を教えてもらえます。
    ただし、自治体ごとに方法が異なるので、事前に必ず確認が必要です。
  • リサイクルショップで引き取ってもらう
    洗濯機も痛みや使用具合によって、買取可能か不可能かが変わってきます。身近な家電ではあるため、良品であれば価値もありますが、旧式だと審査に通らない可能性もあります。
  • オークション等で販売する
    冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなど家電の中でも必要度が高いものなので、買取手が見つかれば利益にもなります。
    しかし、タイミングをはずしてしまったり、入金などのトラブルも発生するリスクもあります。
  • 家電量販店で引き取ってもらう
    新たに新製品を購入した場合や、処分する洗濯機を購入した店舗へ連絡する方法です。
    家電リサイクル料と収集運搬料が発生しますが、交換という形式なので分かりやすいのはメリットです。
  • 不用品回収業者に依頼する
    専門業者に依頼をして、回収処分をしてもらう方法です。
    金額は業者によっても異なりますし、悪質な業者にあたると高額請求などの被害もあり、慎重に選ぶ必要がありますが、きちんと、良い業者に当たると、まとめて不用品回収してもらえるメリットもあります。

まとめ

どの方法が一番自分に合っているか、その環境や状況にも左右されます。身近家電量販店やリサイクルショップがあれば、良いですが、無ければ不用品回収業者に依頼する事で、労を軽減することができそうです。また、同時に買取も依頼することで、処理費用とプラスで利益を得る事ができるかもしれません。
その際には、ぜひプレコファクトリーをご検討ください。

「不用品・粗大ゴミ・廃品回収」サービス