不用品・粗大ごみ回収、不用品買取、特殊清掃等を対応!

お役立ちコラム

パソコンの処分・回収方法

IT社会の現代、学校や会社はもちろん自宅にPCがあることは珍しくありません。デスクトップ型やノート型、性能やデザインも豊富で、より取り見取りです。とはいえ、精密機器なので、とってもデリケート。古いという理由だけでなく、ある日突然フリーズしたと思ったら、二度と動かなくなった・・なんてこともゼロではありません。そして、パソコンは資源有効利用促進法(小型家電リサイクル法)の対象製品なので、通常のごみとして処分はできません。では、適切な処分方法とは・・?少しご紹介していきます。

自転車の処分・回収方法

今回ご紹介するのは自転車です。早ければ5歳くらいで、すっかり乗りこなし、通学、通勤手の段として、また、趣味やスポーツとして運転される方も増えていて、長いお付き合いの方も多いのではないでしょうか。最近は電動自転車なども主流で、性能は上がり値段は下がり・・年々購入しやすくなっていますね。自転車は、体の成長ひとつでも買い替えが必要なものでもあります。これまで、皆さんはどうやって処分をされてきましたか?今回も、いくつかご紹介していきますので、こんな処分方法もあったんだ!という参考にしていただければと思います。

電子レンジの処分・回収方法

ある日、突然家電製品が故障したなんて時や、新製品に買い替えたい時などに、簡単に処分できるものと、できないものがあります。また、方法を知らないと中々手を付けられずに、部屋の片隅に放置・・なんてことも。
今回、例としてあげたいのが「電子レンジ」。家電製品の中では、規模が小さいように思えますが、実際には重量もあり一人で持ち上げるのには、少し注意が必要です。また、電子レンジは「小型家電リサイクル法」という法律の対象品となりますが、皆さん、ご存知でしたか?そして、その処分の方法とは・・? では、以下でご紹介いたします。

オーディオ機器の処分・回収方法

テレビが普及して、一緒に買いたくなるのがオーディオ機器。皆さんは、ご自宅にありますか?また、壮大な音楽を迫力あるステレオで流せば全身に響き渡り、大きな感動を与えてくれます。そして、性能を重視すればするほど、ビックサイズになっていくのもポイントです。さて、ここで気になるのは、いざ買い替えや処分が必要になった時の、処分方法です。

冷蔵庫の処分・回収方法

大きな家電や家具を処分するのには、時間と労を費やします。その中でも、5大トップに入るであろう冷蔵庫は、食べ物を保存するには画期的なアイテムです。冷たい飲み物を飲める奇跡は感動しかありません。設置していないご家庭は、少ないかと思いますが、いざ引っ越しや買い替えが必要となった場合には、大きくそびえ立つ壁となり、とてもやっかいです。運搬はもちろんのこと、冷蔵庫は、家電リサイクル法の対象製品となりますので、処分に関しても容易ではありません。では、どのような処分方法があるのかご紹介していきます。

洗濯機の処分・回収方法

現代ではコインランドリーもあって、割と便利な世の中ではありますが、やはり自宅に洗濯機があるのがベターかと思います。洗濯機にも寿命があり、大体7年前後です。ほとんど毎日使う人や数日に1回のペースの人、様々だとは思いますが、長期的に使用すれば、いずれ不具合もでてきます。機能も年々向上しており、より快適に過ごそうと、買い替えることも、当然あると思います。さて、そうなった場合に洗濯機はどう処分すれば良いのでしょうか。洗濯機も、家電リサイクル法の対象品目となります。いくつか処理の方法をご紹介していきます。

ゴミ屋敷、お部屋の片づけ、不用品回収

最近、不用品といっしょに、日常生活で出るゴミの処分のご相談もいただくことが増えています。
テレビのワイドショーなどでよく取り上げられる「ゴミ屋敷問題」。地域によって、ゴミの分別方法が厳しく指定されていたり、ゴミ回収の回数が少なかったりして、そんなつもりはなくてもいつの間にかゴミが溜まってしまった・・・というお話しをよく伺います。
今回は、そういったお悩みの解消へ繋がる内容をお伝えします。

引越しの際の不用品処分方法

不用品をわざわざ引越し先に持っていく必要はありませんし、できることならすべて処分していきたいものです。
しかし、どのように処分すればいいのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。そこで、ここでは引っ越し時の不用品を処分する方法やそれぞれの方法のメリット、デメリットなどについてご紹介したいと思います。

遺品整理の方法と注意すべき点

「遺品整理」は、親が亡くなった後、気持ちが不安定になる中で行っていかなければならないものです。しかし、そうした状況の中、遺品整理をどのように進めていくのが良いか、まとまった時間を取って考えることができない方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、遺品整理をしていくうえでのポイントをいくつかお伝えしていきたいと思います。