不用品・粗大ごみ回収、不用品買取、特殊清掃等を対応!

お役立ちコラム

マッサージチェアの処分・回収方法

日々の体の疲れを気持ちよく癒してくれる、マッサージチェア。自宅や身近なところにあると、好きな時に好きなだけ使えて大変便利です。しかし、いざ処分するとなると、どうしたらよいのかお悩みになる方もいらっしゃると思います。ゆったりと座れる作りになっているものが多いため、大きくて重く、動かしたり運んだりするも一苦労です。そんなマッサージチェアですが、処分するにはどんな方法があるのでしょうか?いくつかご紹介します。

本棚の処分・回収方法

本をきれいに並べられ、さまざまな大きさや素材・デザインから好みのものを選べる本棚。1つは持っている方が多いでしょうし、インテリアの一部としてこだわっている方もいらっしゃると思います。身近な存在である本棚ですが、引っ越しや模様替え、断捨離で本を減らした場合などは、どうやって処分したらよいのでしょうか?大きさや素材によって処分方法がいくつか考えられますので、下記でご紹介します。

車いす・セニアカーの処分・回収方法

使わなくなった車いす、シニアカーがご自宅に置かれたまま、という方はいらっしゃいませんか?長期間使っていないと劣化が進んでしまいますし、特にシニアカーは動かなくなってしまったり、故障してしまうこともあるでしょう。保管に場所を取ることもありますし、処分をお考えでしたらお早めにされた方がいいかもしれません。また、『セニアカー』はスズキ自動車のシニアカーの固有名称であり、『シニアカー』が商品全体の名称です。

電動介護ベッドの処分・回収方法

在宅介護から介護施設への入所や、電動ベッドの劣化、引っ越しなど、さまざまな理由から電動介護ベッドの処分をお考えの方もいらっしゃると思います。介護用のベッドは普通のベッドよりもサイズが大きいですし、電動式だと重さが100kgを超える場合もあります。実際に処分に困った際には、どのような方法があるのでしょうか。

コピー機・複合機の処分・回収方法

仕事をする上で、必要不可欠なコピー機や複合機。規模の差に関係なく、設置されているケースは多いのではないでしょうか。リースや購入など、色々なパターンがあり、リースの場合ではメーカーに返却、購入の場合には各自で処分の手配をする必要があります。複合機などの大型のものでは、粗大ゴミでの回収は基本的にはできません。では、一体どのような方法があり、最も適しているのでしょうか。今回も、いくつかご紹介して参ります。

オフィスデスク・オフィスチェアの処分・回収方法

早速ですが、皆さんのお勤め先には、どれくらいのデスクとチェアがありますか?会議室や休憩室だけでも椅子が必要ですし、もしかすると人数より多いかもしれませんね。オフィスの引っ越しや破損などで、突然、処分をしなければならないタイミングもあるかと思いますが、具体的な処分方法を、ご存知でしょうか?今回は、そんなオフィスデスクやオフィスチェアについて調べてみました。

学習机の処分・回収方法

お子様が生まれると小学校にあがるタイミングで、ランドセル、そして学習机を同時に揃えるというパターンが、多いのではないでしょうか?様々なデザインやカラー、サイズがあって選んでいる時間も楽しいものです。しかし、中高生の間はまだ良いですが大学生、更には社会人になる頃には、ほとんどの場合、処分し、模様替えをする事になります。では、一体どんな処分方法があるのでしょうか?今回もいくつかご紹介していきたいと思います。

タイヤ・ホイールの処分・回収方法

皆さんは普段、自動車や自転車は利用されていますか?遠出をする際や買い物をする際にも、便利な乗り物です。公共交通機関が近くに無い方は、毎日のように乗車されているのではないでしょうか。また、趣味でドライブやツーリングなどに出かける方も多く見られます。しかしながら、そんな自動車なども、事故や劣化により、処分が必要なタイミングがやってきます。自転車は、まだ扱いやすいですが、車となると中々素人では対応しきれません。今回は、その中でもタイヤ・ホイールの処分方法を、ご紹介したいと思います。

ダイニングテーブルの処分・回収方法

皆さんは、ダイニングテーブルとテーブルの違いとは、何かご存知でしょうか?大雑把な表現ですが、ダイニングテーブルとは食事をするテーブルの事を指します。また、記録されている中で最も古いものでは、エジプトで使用されていた木製のテーブルなのだとか・・。大型のテーブルは基本的にあまり頻繁に買い替えるものではありませんが、いざ引っ越しや損傷した場合など、処分が必要になった際、その方法についてはご存知でしょうか?いくつかご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

マットレスの処分・回収方法

皆さんは、寝具へのこだわりなどはございますか?自分の生活スタイルや体形に合わせて選ぶ事で、快適な睡眠が得られますが、もし体に合っていないものを使うと、途端に不眠につながってしまいます。一般的な人気ランキングなどは、あまり参考にならず、何よりも自分自身に合ったものを選ぶことが重要です。今回は、その中でも、マットレスについてお話ししていきたいと思います。マットレスというと、布団と何が違うの?と思う方もいるかもしれませんが、厚さや形、設計が全く別物であり、歴史の中でも、マットレスは新しく登場したものです。では、早速処分方法についてご紹介していきます。

ソファーの処分・回収方法

皆さんは帰宅してから、まず最初に何をされるでしょうか?私はソファーに腰を下ろし、飲み物を片手にほっと一息つきます。そのまま横になれば、たちまち眠気に誘われるなんて事もしばしば・・。さて、ソファーといっても一人用、複数人用と様々で、大きなものになると一人で動かすことは難しく、引きづって運ぶと床に跡が残ることもあります。表面は布やビニール製が多いので、傷や破れなど、日々気を付けていても完全には防げません。では、買い替えたい時や引っ越し時など、処分が必要になった時には、どうすれば良いのでしょうか。下記でご紹介していきたいと思います。

布団の処分・回収方法

日本には四季があり、暖かいシーズンや寒いシーズンなど、それぞれ適した寝具を揃える事で健康維持にもつながります。また、来客時の為に、布団一式を準備されているご家庭もあるのではないでしょうか。比較的安価な一式セットもあれば、洗練された上質なものでは、単品でも高額なものがあります。さて、布というイメージでは簡単に処分が出来るように思えますが、実際にはどうなのでしょうか。少し調べてみました。

パソコンの処分・回収方法

IT社会の現代、学校や会社はもちろん自宅にPCがあることは珍しくありません。デスクトップ型やノート型、性能やデザインも豊富で、より取り見取りです。とはいえ、精密機器なので、とってもデリケート。古いという理由だけでなく、ある日突然フリーズしたと思ったら、二度と動かなくなった・・なんてこともゼロではありません。そして、パソコンは資源有効利用促進法(小型家電リサイクル法)の対象製品なので、通常のごみとして処分はできません。では、適切な処分方法とは・・?少しご紹介していきます。

自転車の処分・回収方法

今回ご紹介するのは自転車です。早ければ5歳くらいで、すっかり乗りこなし、通学、通勤手の段として、また、趣味やスポーツとして運転される方も増えていて、長いお付き合いの方も多いのではないでしょうか。最近は電動自転車なども主流で、性能は上がり値段は下がり・・年々購入しやすくなっていますね。自転車は、体の成長ひとつでも買い替えが必要なものでもあります。これまで、皆さんはどうやって処分をされてきましたか?今回も、いくつかご紹介していきますので、こんな処分方法もあったんだ!という参考にしていただければと思います。

電子レンジの処分・回収方法

ある日、突然家電製品が故障したなんて時や、新製品に買い替えたい時などに、簡単に処分できるものと、できないものがあります。また、方法を知らないと中々手を付けられずに、部屋の片隅に放置・・なんてことも。
今回、例としてあげたいのが「電子レンジ」。家電製品の中では、規模が小さいように思えますが、実際には重量もあり一人で持ち上げるのには、少し注意が必要です。また、電子レンジは「小型家電リサイクル法」という法律の対象品となりますが、皆さん、ご存知でしたか?そして、その処分の方法とは・・? では、以下でご紹介いたします。

オーディオ機器の処分・回収方法

テレビが普及して、一緒に買いたくなるのがオーディオ機器。皆さんは、ご自宅にありますか?また、壮大な音楽を迫力あるステレオで流せば全身に響き渡り、大きな感動を与えてくれます。そして、性能を重視すればするほど、ビックサイズになっていくのもポイントです。さて、ここで気になるのは、いざ買い替えや処分が必要になった時の、処分方法です。

冷蔵庫の処分・回収方法

大きな家電や家具を処分するのには、時間と労を費やします。その中でも、5大トップに入るであろう冷蔵庫は、食べ物を保存するには画期的なアイテムです。冷たい飲み物を飲める奇跡は感動しかありません。設置していないご家庭は、少ないかと思いますが、いざ引っ越しや買い替えが必要となった場合には、大きくそびえ立つ壁となり、とてもやっかいです。運搬はもちろんのこと、冷蔵庫は、家電リサイクル法の対象製品となりますので、処分に関しても容易ではありません。では、どのような処分方法があるのかご紹介していきます。

洗濯機の処分・回収方法

現代ではコインランドリーもあって、割と便利な世の中ではありますが、やはり自宅に洗濯機があるのがベターかと思います。洗濯機にも寿命があり、大体7年前後です。ほとんど毎日使う人や数日に1回のペースの人、様々だとは思いますが、長期的に使用すれば、いずれ不具合もでてきます。機能も年々向上しており、より快適に過ごそうと、買い替えることも、当然あると思います。さて、そうなった場合に洗濯機はどう処分すれば良いのでしょうか。洗濯機も、家電リサイクル法の対象品目となります。いくつか処理の方法をご紹介していきます。

ゴミ屋敷、お部屋の片づけ、不用品回収

最近、不用品といっしょに、日常生活で出るゴミの処分のご相談もいただくことが増えています。
テレビのワイドショーなどでよく取り上げられる「ゴミ屋敷問題」。地域によって、ゴミの分別方法が厳しく指定されていたり、ゴミ回収の回数が少なかったりして、そんなつもりはなくてもいつの間にかゴミが溜まってしまった・・・というお話しをよく伺います。
今回は、そういったお悩みの解消へ繋がる内容をお伝えします。