不用品・粗大ごみ回収、不用品買取、特殊清掃等を対応!

自転車の処分・回収方法

はじめに

今回ご紹介するのは自転車です。早ければ5歳くらいで、すっかり乗りこなし、通学、通勤手の段として、また、趣味やスポーツとして運転される方も増えていて、長いお付き合いの方も多いのではないでしょうか。最近は電動自転車なども主流で、性能は上がり値段は下がり・・年々購入しやすくなっていますね。自転車は、体の成長ひとつでも買い替えが必要なものでもあります。これまで、皆さんはどうやって処分をされてきましたか?今回も、いくつかご紹介していきますので、こんな処分方法もあったんだ!という参考にしていただければと思います。

処分・回収方法

  • 自治体で処分をしてもらう
    粗大ごみとして回収をしてもらう事が可能です。事前に粗大ごみ券を購入し、回収依頼を行う必要はありますが、普段から慣れている方であれば、手間なく捨てることができます。ただし、引っ越しシーズンなどには、回収に少し時間がかかる場合もあるそうなので、できればそのシーズンは避けたいものです。
  • ネットオークションなどで販売
    タイミングが合い買取り手が見つかれば、利益も出て、良い処分方法です。とはいえ、うまくいかなければ、しばらく手元に残ってしまうのが難点。また、取引相手とのすれ違いなどでトラブルもあるので、最後まで注意は必要です。新しい持ち主に迷惑がかからないよう、必ず防犯登録の抹消は行ってから取引をしましょう。
  • 不用品回収業者に依頼する
    処分する、という点では最もシンプルな方法です。回収に来てくれる場合が多いので、あまり手間や時間をかけずに処分する事が可能です。また、他に不用品がある場合には、まとめて回収してもらう事で一石二鳥です。さらに、買取りも行ってくれる業者であれば利益も発生し、かなり有益です。ただし、悪質な処分方法を行っている業者もあるので、選ぶ際には注意が必要です。
  • 自転車販売店にて下取りをお願いする
    店舗によっては、新車購入のタイミングで、古い自転車を下取りや回収してくれる場合があります。さらに、防犯登録所を兼ねている店舗であれば、防犯登録の抹消も同時に対応してもらえる場合もあるので、お手軽かもしれません。費用などについては事前にしっかり確認を行っておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか。新調するなどならば、店舗で引き取ってもらう方法が良いかもしれませんし、不用品がいくつかある場合など、故障して動かす事ができないなどの際には、思い切って、まとめて業者に依頼することも効率良いかもしれません。どちらにしても一日で完結するという点は魅力的です。もし不用品業者をお探しの場合には、ぜひ、プレコファクトリーもご検討ください。当社では、買取りも同時にでき、出張回収サービスも行っている為、お客様の負担が少なく処分可能です。ぜひ、お気軽にご相談ください。

「不用品・粗大ゴミ・廃品回収」サービス