不用品・粗大ごみ回収、不用品買取、特殊清掃等を対応!

飲食店等の業務用調理器具の処分・回収方法

はじめに

飲食店の方々は、業態変更や廃業、また、古くなった調理器具を買い替えたい時など、業務用調理器具を処分したいと思うことがありますよね。業務用の調理器具というと業務用冷蔵庫、フライヤー、冷凍ストッカーなど機能はさまざまですし、どうしても大型のものが多くなります。処分方法がわからず困ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな時はどうしたらよいのでしょうか。

主な処分・回収方法

  1. 粗大ゴミとして捨てる
    小型のものであれば、粗大ゴミとして捨てることができます。ただし、自治体によってゴミの回収ルールは異なり、大型の業務用調理器具となると回収してもらえないものも出てくることでしょう。お住まいの自治体の粗大ゴミの出し方や回収の対象を、必ず事前に確認しましょう。
  2. 買取業者に買取ってもらう
    業務用調理器具は、買取業者に買取ってもらえることも多くあるようです。中には中古の厨房機器の売買を専門に行っている業者も存在します。出張査定などを行っている業者もありますので、検討してみてもよいのではないでしょうか。壊れているものや古いものなど、買取ってもらえないものが出てくる可能性もあります。
  3. ネットサービスで売る
    ネットオークションやフリマアプリなどに出品することで、高値で売れる場合もあります。ゴミになるはずだったものがお金に換わるのはうれしいですね。ただ、大型の業務用調理器具となると、配送や運搬の方法については考えておかなければなりません。
  4. 不用品回収業者に依頼する
    不用品回収の専門業者であれば、さまざまなものを回収してくれるので、たくさんの業務用調理器具をまとめて処分したい場合にはもっとも効率的と言えます。移転や廃業などの際には、大量のゴミや不用品が出てくることも多いと思いますが、そういった時にも心強いですね。出張対応を行っている業者に頼めば、店舗などへ引き取りに来てくれます。

まとめ

業務用調理器具の処分方法を見てきましたが、いかがでしょうか。業務用品は、基本的に大きくかなり重量があるものも多いので、自分たちで店舗から運び出したり、運搬するとなると、かなりの重労働です。そのため、実際には不用品回収業者や処分業者に依頼する方がほとんどのようです。
当社では不用品回収業務と買取り業務の両方を行っております。買取可能なものを判別・査定し、それ以外は処分するという対応も可能です。大量の業務用調理器具の処分をお考えの際は、ぜひプレコファクトリーにご連絡ください。

「不用品・粗大ゴミ・廃品回収」サービス