不用品・粗大ごみ回収、不用品買取、特殊清掃等を対応!

リクライニングチェアの処分・回収方法

はじめに

リラックスタイムにぴったりのリクライニングチェアは、愛用されているという方も多くいらっしゃるかもしれませんね。背もたれが自由に動かせ、楽な体勢を支えてくれるので、何時間でも座っていられそうですね。そんなリクライニングチェアですが、買い替えや引っ越しなどで不要になった場合、どのように処分したらよいのでしょうか。処分方法についてご紹介します。

主な処分・回収方法

  1. 粗大ゴミとして処分する
    自治体のゴミ収集で粗大ゴミとして回収してもらう方法が、いちばん一般的と言えそうです。ただ、リクライニングチェアと一言でいってもさまざまなものがあります。地域のゴミ回収のルールを事前に確認し、正しい方法で出すようにしましょう。
  2. リサイクルショップに買取ってもらう
    まだ新しかったりきれいな状態のものであれば、リサイクルショップなどの買取業者に買取ってもらうことができるかもしれません。ただし、場合によっては値段が付かなかったり、買取や回収をしてもらえないこともありますので、注意が必要です。
  3. ネットサービスで売る
    ネットオークションやフリマアプリなどに出品することで、売れる場合もあります。こちらの方法もきれいで十分使える状態ものに限られますが、うまく売れれば利益が出るのはうれしいですね。売れてから慌てなくて済むように、梱包や配送についてもある程度考えておくと安心ですね。
  4. 不用品回収業者に依頼する
    電動タイプなど、大きかったり重かったりする場合、運ぶのが難しいこともあるかと思います。そんな時は不用品回収業者に依頼するのもひとつの手です。出張回収を行っている業者であれば、自宅まで引き取りに来てくれ、運び出しも行ってくれます。

まとめ

処分方法について見てきましたが、いかがでしたか。リクライニングチェアは本当にいろいろなタイプのものがありますので、処分したい製品の重さ・状態を確認し、適した方法をお選びいただきたいと思います。不用品回収や買取の業者をお探しでしたら、ぜひ当社もご検討ください。出張対応も行っております。

「不用品・粗大ゴミ・廃品回収」サービス