不用品・粗大ごみ回収、不用品買取、特殊清掃等を対応!

オフィスデスク・オフィスチェアの処分・回収方法

はじめに

早速ですが、皆さんのお勤め先には、どれくらいのデスクとチェアがありますか?会議室や休憩室だけでも椅子が必要ですし、もしかすると人数より多いかもしれませんね。オフィスの引っ越しや破損などで、突然、処分をしなければならないタイミングもあるかと思いますが、具体的な処分方法を、ご存知でしょうか?今回は、そんなオフィスデスクやオフィスチェアについて調べてみました。

オフィスデスク・オフィスチェアの処分・回収方法

  • オフィス家具専門の業者に引取り依頼をする
    比較的美品の場合に、有力な手段と言えます。痛みが激しいものや古いものでは、回収をしてくれないケースもある為、注意は必要です。また、こちらの方法ではオフィス家具以外の対応はしていただけないので、他の物も合わせて回収を、という場合には注意が必要です。
  • 不用品回収業者に依頼
    比較的安価での回収をしてもらえることや、フットワーク軽く対応してもらえるので、処分する時期が迫っている場合などには、最も適していると言えます。また、その他の不用品も同時に回収してもらえるので、処分品が多い場合にもおすすめですね。
  • オークションなどで出店
    企業単位で、処分をする際には、あまり現実的ではありませんが、オフィスデスクなどはネットでも多く出店されているため、選択肢として除外はできません。時間や手間はかかりますが、うまく段取りを組むことができれば、利益が発生するため、有意義な処分方法となります。
  • 自治体に回収依頼
    数が多い場合などには、活用し辛いですが、少ない場合には自治体の粗大ごみでの回収も可能です。ただし、すべての自治体とは限らないので、事前に必ず確認が必要となります。また、粗大ゴミ券などの準備も必要となります。
  • 産業廃棄物処理場に持参
    直接、処分場まで持っていく方法も可能です。こちらに関しては、サイズや重さの指定や会社の規模によって認められている場合とそうでない場合がある為、少し事前に調査が必要となりますので、早めの処分をご検討の場合や、条件に当てはまらない場合には、処分もできないので、あまりおすすめはできません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?家庭内の家具などは、まだ判断がしやすいですが、オフィスとなると事業系ゴミとなるので、あらゆる注意が必要となります。万が一、間違った処分方法をしてしまうと罰則などもあるので、適切な対応が求められます。プレコファクトリーでは、オフィスや工場、店舗などの処分品にも対応しています。もし、不用品回収業者をお探しの場合には、ぜひ当社もご検討ください。

「不用品・粗大ゴミ・廃品回収」サービス